広島市西区草津南3-4-10-2号棟101

営業時間 / 9:00 ~ 19:00
定休日 / 不定休(完全予約制)

太占数霊

私の中で神棚を設ける意味は

私の中で神棚を設ける意味は

 

今、必要なのは原点回帰

数霊でご紹介しました藤乃哉⼈先生の講座を私がはじめて興味を持った時、先生のよく言われた言葉が「日本人の原点回帰」でした。勿論、今でも言われてますが、この言葉の意味・重みと、私が現在まで生きてきて釈然としないモヤモヤ感(腑に落ちない社会の理不尽さ等々)を一言で結びつき響いた内容でした。

特に神仏に手を合わさなくなった日本人は西洋文化を必死に取り込む為に、あえて扉を閉め封印されてしまった分野に思えます。もちろんそうでない方もいますが、今その信仰心や伝統文化が消える瀬戸際ではないでしょうか?そして「希望を見出すことが難しい時代」に感じる方も多いと思います。

過去を振り返っても日本人の極難では度々、原点回帰がなされてきていますが、風の時代と言われるこの先は、もう一度、日本人の足元にある大切な心の文化が見直される時期になるだろうと、私の勘になりますが感じています。

 

神仏に手を合わせる

私も最近まで無宗教と言ってきた一人です。理由は宗派や門徒等の団体は慈善をテーマにしながらもビジネスに結び付いている事が目についてしまう点と、核家族という環境で、(いわゆる宗教法人の)宗教は避けて来た人の子供です。「マインドコントロール」などの言葉を耳にすると「信者=被害者」という構図の恐怖が頭に残ってしまいます。そういう宗教は今でもお断りです。

しかし、四十を過ぎると開運等に興味を持つ様になり(つまり、運気が悪い?等を気にし出し)良くする方法を求めて神社参拝。(あるある人生です。笑)

このタイミングで藤乃先生を知る事が出来たので恵まれていると思います。

 

現代の日本人に欠ける感謝の思い

西洋の思考」→「日本人の思考」

私が創った会社。」→「(神様のご縁を頂き)創らさせて頂いた会社。」

私が開発した製品。」→「(神様のお力を頂き)作らさせて頂いた製品。」

三々九度は結婚式で見ますよね。新郎と新婦が三回飲みます。六ではなくなぜ九度?

神様が仲介に入り、ご縁を結んで頂く…三人が三回飲んでいる意味だそうです

かつての「日本人の思考」は自然に、神様への感謝の思いが「言葉」と「行動」に現れます。「生きている。」のではなく「生かされている。」まさに随神の道(かんながらのみち)なのです。つい「私が…、私が…」と言ってしまい易いですね。

日常生活でこの感謝の気持ちを形にしたのが「神棚」「仏壇」になると思います。実際は江戸時代まで(かろうじて昭和初期まで)家を建築する際は必ず設けていましたが、近年は設置スペースすら無い状態です。それだけ日本人の心に感謝の思いが消えている表われではないでしょうか。歴史の中で神棚が無い事が当たり前になった時間は数十年ですが、比にならないくらい私たちのご先祖様は継続して手を合わせてきているのです。

 

真壁辰郎さんのブログより

神棚はご家庭や職場を守る神社です。

普段参拝する神社と違うのは神棚には御神体が無いということ。

代わりに神棚には御神札をお納めします。

その神札に、神さまが依られます。

ですので御神札の扱いそのものが最も大切な部分といえます。

神札を部屋の柱(はしら)にじかにテープで貼ったりする方がおられますがこれはぜったいにNGです。

たいへん失礼になりますし、そのような状態の神札には神さまは宿られません。

神札は必ずお宮に入れるようにしましょう。

真壁辰郎さんのブログ

産土神社鑑定士の真壁辰郎さんにお会いしたことはありませんが、私も家やお店に神棚を設ける時に、かなり参考にさせて頂きました。ブログ内のテーマで「神棚」を押すと25件の記事が読めます。これから神棚を設けたい方にとって参考になると思います。

数霊【kazu-tama】の世界をご紹介

数霊・⾔霊・形霊の概要について 太古⽇本の原点回帰の中に、本当に隠された⽇本の宝が存在致します。 ⼀切の根源は、 ⾔霊 → 数霊 形霊 → 数霊 ⾊霊 → 数霊 に集約され、時空の因果律に記憶されてい ...

続きを見る

-太占数霊
-

© 2021 広島 CS60施術・水素吸入【matobi detox】